プリマス


プリマスの観光といえば、プリマス海峡から見たホーとスミートンズタワーがあります。

「スミートンズタワー」の画像検索結果

スミートンズタワーは、プリマス海峡から見たバービカン港方面です。
丘の上部に見えるのはホー公園で、その先に元灯台として使われていたスミートンズタワーが見えます。
もっと右手の方にはロイヤルシタデルという軍事要塞があります。
丘の上からは海上へ向けて昔のキャノン砲が睨みを利かせています。
古来、ケルト民族が居住していて、ここから西方のペンウィズ半島一帯をコーンウォール地方と呼んでいました。

「スミートンズタワー」の画像検索結果

よく写真で見かける「スミートンズ・タワー」です。灯台というだけあって、海辺に面しているのでそこから見る景色は抜群です。上に上るには入場料がいるようですが、その入場料では十分すぎるほど頂上の景色は満足できます。海辺の景色を見るにはまず、ここから見る事をおすすめします。

16世紀にはゴールデン・ハインド号を始めとする冒険隊の遠征基地となっていました。

「スミートンズタワー」の画像検索結果

もう一つは、メイフラワー号です。

メイフラワー号は、

1620年にプリマスから102名の清教徒一団を乗せてアメリカへ向かったメイフラワー号のレプリカです。
第2次大戦後、メイフラワー号を復元しようという気運が高まり、海軍の設計士ウイリアム・ベイカーによってオリジナルに近い船が設計され1956年イギリスのデボンで進水し、現在もプリマス港に係留されています。

「メイフラワー号」の画像検索結果