ブラックプール


ブラックプールは、イギリスの北西部にある地域で、ランカシャーの街でもあります。

イギリス最大の保養地として有名な場所です。

19世紀半ばから鉄道の開通により、観光客が多く訪れるようになりました。

その後、観光施設を持つ3つの桟橋があるノースピアーとセントラルピアーとサウスピアーが完成しました。

劇場、ダンスホールが作られて観光客が増えました。

有名な観光地は、市内を一望できるブラックプールタワーです。

現在のシンボル的な存在である高さ158mのブラックプールタワーは、パリのエッフェル塔に似せて1894年に建設されました。

観光客に人気のスポットです。
19世紀の中ごろ、ブラックプールは地元ランカシャー(Lancashire)周辺の綿産業の興隆によりリバプールやマンチェスターからのホリデーメーカーをはじめ、北はスコットランド、グラスゴー方面からも多くの観光客を集めるイギリス国内最大のリゾート地として発展していったのでした。そのブラックプールのシンボル、ブラックプールタワーが完成したのは1894年のことでした。

158メートルの高さを誇るブラックプールタワーです。

天気がよければリバプールやマンチェスター(Manchester)からも望めます。

ということは、ブラックプールタワーの展望台からも北イングランドの街や田舎の風景が一望できるということです。

「Blackpool Tower イギリス」の画像検索結果