アニックガーデン


英国屈指の魅力的なアウトドアスペースに足を踏み入れてみませんか。ここには3000種類のバラ、大きなツリーハウスのレストラン、恐ろしい毒のガーデン、そして英国最大の大噴水があります。

ギリスのアニックという街にあるアニック・ガーデンには、癒しの空間とはほど遠い『毒草の庭』という殺傷能力のある植物等に特化したガーデンなんですよ。


なんと、死に至ったり、幻覚をみせる植物ばかりが植えられているとか!?

 

 

 

 

毒草といっても種類は色々。タバコから大麻まで様々な毒性のものが栽培されています。

庭園に出るための緑のトンネル。これを抜けると毒草の庭園があります。

 

今では年間60万人が訪れる北イングランド随一の人気観光地です。

 

イングランド北東部に位置するノーザンバーランド州アニックです。

ノーザンバー ランド公の居城であるアニック城を中心に栄えた城下町です。

その古城に隣接して 作られた階段式噴水のある英国式庭園アニックガーデンがあります。

2004 年に作られました。

現在もヨーロッパ第一の大きさを誇っ ている。建物は用途別(カフェ、レストラン、休憩所、売店等)に複数分

かれて いて、それらをウッドデッキが繋なぎ全体として大きなツリーハウスが形作られ ています。