アングルシー島


カーディフが名実共にウェールズの首都となったのは、ウェールズに独立した議会が設置された1998年のこと。「市」となってからもまだおよそ100年ほどという、ヨーロッパで最も若い首都だ。もともとは産業革命時に、石炭や鉄を集積する港として栄えた町だが、現在ではカーディフ湾に面したお洒落なウォーター・フロントが建設されたりと様々な変化の波に乗っている。EU諸国から毎年選ばれる「ヨーロッパ文化首都2008」候補地ともなり、これからの益々の発展が期待できる都市です。

アングルシー島行政的には、アングルシー島と西に位置するホリー島および周辺の小島で1つの州です。

アングルシー島は平坦な島です。多くの小さな町が島の至る所にあります。

東岸は良質の砂浜があり、北岸は断崖が続く。18世紀には石炭採掘が主産業でありました。

現在は観光業と農業収入が主である。島の気候は温暖です。

湾岸にふく強風に左右される。これを生かし風力発電のタービンが20以上稼働しています。

そのため電力会社が注目しています。

「アングルシー島」の画像検索結果

地味は過去に比べて多様性に富む。北岸にはウィルファ原子力発電所があります。

アルミニウム精製、化学工業、養殖漁業も行われています。

 

アイルランド・イギリス間フェリー航路の寄港地でもあります。

西岸には2000m級の滑走路を有するアングルシー空港があります。

自治体により運営されています。

民間空港と共用でイギリス空軍の基地であるRAFバリーが設けられています。

BAe ホークを用いたジェット機操縦訓練およびヘリコプターによる捜索救急に利用されている。¥ます。

イギリス王室の継承順位2位であるケンブリッジ公ウィリアム王子が、同基地で活動する第22飛行中隊C小隊に配属されウェストランド シーキングの副操縦士として捜索救急任務にあたっています。

キャサリン妃との結婚後も一緒に暮らしていて、連日テレビ局の取材などが多数押しかけている。数年間を島で暮らすと見られています。

130831efcdc82c_l