St Kilda


セント・キルダ (St Kilda、スコットランド・ゲール語:Hiort)は、イギリス領の孤立した群島です。

北大西洋、ノース・ウイスト島の64km西北西にあります。

「セント・キルダ」の画像検索結果

スコットランド、アウター・ヘブリディーズの最西端の島々です]

。最大の島はヒルタ島です。

イギリスで最も高い、海岸に面した断崖絶壁があります。

その他はダン島、ソアイ島、ボーレー島です。

これらの島は家畜の放牧や海鳥の猟が行われていました。

セント・キルダは行政上はComhairle nan Eilean Siarのローカル・オーソリティー・エリアに属しています。

2000年間、人が暮らしてきた歴史があったが、人口はおそらく180人を超えることありませんでした。

1930年、4島のうち唯一の有人島であったヒルタから住民全体が避難して今は夏のあいだは科学者たちや保全作業員、ボランティアがやってくるものの、現在、唯一1年を通じて島に暮らしています。
セント・キルダという名称の起源は推測だけである。島の文化遺産には、有史以前の時代からの様々なユニークな建築の構造が含まれている。しかし島での生活を記した最古の記録は中世後期以降のものである。Hirtaにある中世の村は19世紀に再建された。しかし、宗教的な熱意が影響して、観光を通じて外部との接触の機会が増え病気がはやり、そして第一次世界大戦が1930年の全島避難を後押しすることとなった[9]。セント・キルダの物語は、オペラを含め芸術的な解釈を集めている。
群島全体を所有するのはナショナル・トラスト・フォー・スコットランド(en)である。1986年、スコットランドに5箇所あるUNESCO世界遺産の1つとなり、セント・キルダはその自然と文化資質のため、世界でも数少ない地位を保持している[10]。2つの種類の異なる古い種類のヒツジがこれらの離島で生き延びてきた。新石器時代の種であるソアイ種、鉄器時代の種であるボーレー種である。島は多くの貴重な、シロカツオドリやニシツノメドリ、フルマカモメといった海鳥の繁殖地でもある。セントキルダミソサザイとセントキルダノネズミは島独自の亜種である[3]。夏になると、セント・キルダのかつての住民がそのままの状態で残していった多くの壊れた建物を修復するため、ボランティアの一団が島を訪れる。島は、1957年にできた小さな軍事基地と共存している[11]。