The Sherlock Holmes Museum


先回のThe Sherlock Holmes Museumの続きです。

シャーロックホームズ博物館は、ベーカー街221B(ベーカーがい221B、221B Baker Street)にあります。

200px-Bakerstreet_london

イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズにおいて、主人公の私立諮問探偵シャーロック・ホームズが住んでいた下宿の住所です。

ホームズは1880年代初頭から引退する1903年まで、ハドスン夫人の経営するこの下宿で過ごしていました。

ホームズの友人で伝記作家のジョン・H・ワトスン医師が、独身時代に共同生活をしていた場所でもあります。
221Bの「B」はラテン語・フランス語のビス(第2の)に由来し、建物の増改築などによって同じ番地に2軒の住宅が建つことになった場合などに使われた記号で、この住所つまりホームズたちの下宿の場合は階上にあることを示していました。

1階のハドスン夫人の自宅はサフィックスのない唯の221だったと思われています。

訳者によりベイカー街221Bのほか、「B」を「b」や「乙」としたり、「221のB」ともする。

シャーロック・ホームズ博物館[編集]

シャーロック・ホームズ博物館は、市によって設置された、シャーロック・ホームズが住んでいたことを記念ました。

ブルー・プラークを買収し、5月にシャーロック・ホームズ博物館 (The Sherlock Holmes Museum) としてオープンさせまして。

このビル内に「空き家の冒険」で言及された17段の階段があることを理由に、博物館の場所こそが221Bであると主張しています。

 

ベーカー街!一度ホームズ好きの方もそうでない方も行ってみてください!