ロンドン塔(Tower of London)


前記事より続き

そして、クラウン・ジュエルは、14世紀初頭から現在に至るまで、

英国王室の財宝クラウン・ジュエルを守り続けています。

1715年から1939年に使われた5つの王冠や、1万2千個以上のダイヤモンド

が展示されていることでも有名です。

クラウン・ジュエルでは、世界最大のダイヤモンド「アフリカの星」が有名です。

 

 

そして、ホワイト・タワーは、ウィリアム征服王の時代に立てられたホワイト・タワーは、ロ

ンドン塔の長い歴史を物語る。ここには多くの反逆罪に問われた者が幽閉されていました。

現在は、王の武具や拷問用器具を展示した常設展を行っています。


ウェスト・ゲート周辺には、西側エントランスとウォーター・レーンがあります。

塞としてのロンドン塔の防衛機能を見ることができます。

ウォーター・レーンにあるトレーターズ・ゲート(反逆者達の門)は、エリザベス

1世や「ユートピア」の著者トマス・モアなど、反逆者として捕らえられた多くの著名人達

がくぐり抜けた暗い歴史を持つ門です。

そして、処刑場跡とタワー・グリーンは、ロンドン塔の囚人で最も高名な要人たちがヘンリー8世の王妃

等を含む7人はこの処刑台で処刑された場所です。

多くの歴史的な出来事を経験したこの塔は訪れればその生々しい歴史とは

別に現在では多くの観光客が訪れる人気観光スポットとなっています。