スウォンジー


ウォンジー(英語: Swansea, ウェールズ語: Abertawe(アベルタウエ))は、イギリス、ウェールズ南部の都市です。人口は226,400人(2005年)で、ウェールズではカーディフに次ぐ人口第2位の都市となっています。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジとも表記されます。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジーは18世紀初頭から、銅産業を主とする鉱山冶金業の中心地として栄えました。スウォンジーの産業は1880年代に頂点を極めた。第二次世界大戦終結までに重工業は衰退の一途をたどりました。

「スウィンドン」の画像検索結果

戦後数十年の間、スウォンジーも他都市と同様、工業依存からの脱却と第三次産業へのシフトが見られました。

美しいビーチ、美しい環境、美しいエリアがあります。

 

スウォンジー湾を見下ろすシングルトンパークにスウォンジー大学のキャンパスがあります。

スウォンジー大学の工学部は、工学設計問題を解決する計算手法に関する先駆的な研究を行う研究拠点とみなされています。

物理学部は、理論物理学とりわけ素粒子物理学と紐理論の分野での先駆的な研究成果で名高い大学です。