ウォルソール


ウォルソールは、20世紀には大きく発展しました。

ウォルソールで最初の映画館が1908年に開業されたことでも知られています。しかし、第二次世界大戦後にテレビが普及すると、経営が振るわなくなり、ほとんどが閉館を余儀なくされました。ニュー・ピクチャー・ハウスという映画館もありましたが、イギリスで初めてワーリッツァー社のピアノを取り入れました。

Image result for ウォルソール  都市

スラム街は、19世紀には市街地を取り囲むように数千軒が存在しました。

しかし第一次世界大戦後に撤去され、1920年代から1930年代にかけて、跡地では建設ラッシュが続きました。

この開発は特に、北部のコール・ポール、ブレイクノール・ヒース(1920年に初代議事堂が建設された)、ゴスコート、ハーデンがあります。それに第二次世界大戦後のビーチデールに集中していました。

市街地に近い地域で、大規模な開発が行われました。。

とりわけ1960年代には、各地で高層ビルが建設されたが、その多くは2010年までに取り壊されている。

1952年には、二度の世界大戦で亡くなった戦死者のための記念庭園がオープンした。大手小売チェーンが数多く入居する近代的なショッピング・コンプレックス、オールド・スクエア・ショッピング・センターは1969年に開業した。同じくショッピング・モールのサドラーズ・センターは1980年の開業で、近年、新たに改装された。

Image result for ウォルソール  都市

1984年には、この地に生まれた作家(1859年 – 1927年)を記念したジェローム・K・ジェローム博物館が開館した。

1988年には町の皮革産業が評価され、アン王女によってウォルソール皮革博物館が設立されました。

1970年代、ウォルソールでは中世の地所を取り壊して、新しい市街地が造成されました。

1974年にスタッフォードシャー州が廃止されると、ウォルソールはウェスト・ミッドランズに移管されました。

近年はさらなる都市再開発が進行中で、多くのブラウンフィールドが近代的な住宅地や商業地になっています。

セント・マシューズ地区も、建設ラッシュに沸いています。

Image result for ウォルソール  都市

ブランドショップや近代的なマンションからなる再開発事業は、2007年のアズダの新装開店をもって完了しました。

市街地に移転したウォルソール・コレッジの跡地には、テスコが930平方メートルのショッピングセンターをオープンしました。