ポーツマス


ポーツマスは、イギリスの南部に位置する港町で、ロンドンからは電車で約2時間の距離です。

イギリスのハンプシャー南部にある都市です。

イギリスで唯一、島嶼部に位置する都市です。

そしてポートシー島に都心です。

行政は単一自治体 (Unitary Authority) であり、イギリス海峡に面している都市として知られています。

シティ・オブ・ポーツマスとポーツマス・フットボール・クラブの両方があります。

ポンペイの愛称もあります。

そして人口は20万5100人(2011年国勢調査)となっていて、郊外を含む都市圏は85万5679人が住んでいます。

ポーツマス都市圏の面積は、イングランドで11位です。

1世紀以上の歴史がある軍港であり、世界で最も古い乾ドックが現役で使用されていました。

ネルソン提督の旗艦HMS ヴィクトリーなどの多くの有名な軍艦の母港となってきました。

近年、ポーツマス海軍基地は軍事拠点としては衰えたのですがイギリス海軍とイギリス海兵隊の基地と造船所は維持されています。

そして司令部が置かれています。ヨーロッパ大陸に向かう貨物輸送や旅客輸送向けの商業港も栄えており、フランス北部とスペインへのフェリーが定期的に発着地でもあります。

近年は、スピンネーカー・タワーが新たなランドマークとなるなど、臨海部の再開発が進行しています。

再開発地域は、ガンワーフ・キーズとして知られています。

そして、ポーツマスは軍港でも有名な街でして、長年ロイヤルネイビーの重要な拠点の一つでした。

イギリス王政史上でも一、二位を争う有名人ヘンリー八世が投資をして整えたのに端を発し、ナポレオン皇帝率いるフランス海軍との戦いに勝利したトラファルガーの戦いや、第二次大戦の大きなターニングポイントになるノルマンディー上陸作戦にも大きく関与している港です。

ちなみに嘘かまことか、日本の肉じゃがの発祥の地もこちらポーツマスであると言われています。東郷平八郎提督がポーツマスに留学した際、こちらで食べたビーフシチューに感動して、海軍でも作らせたのが肉じゃがの起源なんだとか。

そんなわけで、現在でも多くの軍艦が出入りしており、日本の護衛艦も昨年入港したようです(授業中に、外から突然君が代が聞こえてきてびっくりしました、苦笑)。また、多くの戦争に関する博物館もあり、その中でも最大のヒストリックヤードでは、トラファルガーの海戦でネルソン提督率いるイギリス海軍の旗艦を務めたビクトリー号なども展示されています。