ウルヴァーハンプトン

500px-Wolverhampton
Leave a comment

ウルヴァーハンプトンは、イギリスのイングランド中部ウェスト・ミッドランズ州の都市です。

歴史的にはスタッフォードシャーの一部であったが、1974年よりウェスト・ミッドランズの一部となりました。

名は985年に街を設立した”Lady Wulfrum”にちなんでいるといわれます。

Image result for ウルヴァーハンプトン

当初は羊毛貿易の拠点としての市場都市として発展しましたが、産業革命時代およびその後、鉱山(石炭、石灰石、鉄鉱石)や、鉄鋼、漆、バイク、車などの産業の中心地となりました。

Wightwick Manor and Gardensは、ウォルバーハンプトン駅からバスで15分、徒歩20分くらいです。チケット売り場はメインの建物でなく、だいぶ離れた駐車場の近くにあります。
インクで財を成したマンダー家の邸宅でウィリアム・モリスのアーツアンドクラフツの世界を十分堪能できます。ラファエル前派の絵画も邸宅中に飾られ、すばらしい雰囲気です。
広大なお庭には花が咲き乱れ、ハーフティンバーの邸宅はまさに絵になる景観があります。
カフェでのランチもおいしく、1日中楽しめる場所です。

Image result for ウルヴァーハンプトン

それ以外では、David Austin Rosesがあります。

沢山の品種のバラを楽しめる最高の場所です。なかなかこの規模でこのような美しいガーデンを見ることは出来ないと思います。 まるでおとぎの国に迷い込んだかのようです。

スウォンジー

ダウンロード (10)
Leave a comment

スウォンジーは、イギリス、ウェールズ南部の都市です。人口は226,400人で、ウェールズではカーディフに次ぐ人口第2位の都市です。

スウォンジーは18世紀初頭から、銅産業を主とする鉱山冶金業の中心地として栄えました。スウォンジーの産業は1880年代に頂点を極めした。

第二次世界大戦終結までに重工業は衰退の一途をたどりました。戦後数十年の間、スウォンジーも他都市と同様、工業依存からの脱却と第三次産業へのシフトが見られました。

スウォンジー湾を見下ろすシングルトンパークにスウォンジー大学のキャンパスがあります。スウォンジー大学の工学部は、工学設計問題を解決する計算手法に関する先駆的な研究を行う研究拠点とみなされています。物理学部は、理論物理学とりわけ素粒子物理学と紐理論の分野での先駆的な研究成果で名高いです。

詩人ディラン トーマスが生まれたウェールズ第 2 の都市です。

Image result for スウォンジー イギリス 観光

スウォンジには、緑の茂る公園と、国立ウォーターフロント博物館や有名なディラン トーマスセンターなどの素晴らしい文化施設があります。

第 2 次世界大戦後に再建され、現在 23 万人の人口を抱える近代的なこの都市からは、スウォンジー湾と、手付かずの自然が残り、絵のように美しい 26 km にわたるガウアー半島を望む素晴らしい景色を楽しめます。そこには野生動物、先史時代の立石、ドラマチックな崖、素敵なビーチがあります