brownsea island

111261
Leave a comment

ブラウンシー島は、

南イングランドのドーセットにあるプール(Poole)の町です。

1907年8月初旬、ロバート・ベーデン=パウエル卿と20名の少年たちがこの島で8日間の実験キャンプを行ったことでもしられています。

初代ギルウェルのベーデン=パウエル男爵、ロバート・スティーヴンソン・スミス・ベーデン=パウエル(Robert Stephenson Smyth Baden-Powell, 1st Baron Baden-Powel of Gilwell、1857年2月22日 – 1941年1月8日)は、イギリスの軍人、作家で、スカウト運動(ボーイスカウト)の創立者です。

これは「スカウトの最初のキャンプ(The first Scout camp)」と呼ばれ、現在この島にはそれを記念する石碑(スカウト・メモリアル・ストーン)が立っています。
島にはブラウンシー野外劇場があり、毎年、シェイクスピア劇の公演が行われます。

「ブラウンシー島」の画像検索結果
Londonからバスで約3時間ほどのところ。鉄道なら2時間程度です。
この道はバスターミナルのあるドルフィン・ショッピング
センターからプール港へと続いています。

美しい自然が残る島です。

 

 

brownsea island

250px-Branksea_Castle,_Brownsea_Island,_Poole_-_geograph.org.uk_-_6483
Leave a comment

ブラウンシー島(ブラウンシーとう、Brownsea Island)は、イギリスの小島です。

ロンドンの南西約100km、イギリス本島の南、イギリス海峡に面したボーンマス(Bournemouth)の西側にあります。

プール湾(Poole Harbour)内に浮かぶ八つの島のうち最大のものです。

なんと長径2km、短径1kmほどの東西に長い楕円形をしている小さな島です。

島内には二つの小さな湖があります。

ローマ時代のガレー船や古代デンマークの帆船が基地としており、クヌート王が財宝を隠したとの伝説もあります。

15世紀には海賊ハリー・ページの隠れ家があり、16世紀には密輸業者がアジトとしていました。

1901年以降はバン・ラルート家の地所となっています。

現在、島のほとんどはイギリスのナショナル・トラストによって所有され、自然保護区に指定されています。
この小島は、ボーイスカウト運動の始まりの地として有名です。