The Sherlock Holmes Museum

Leave a comment

先回のThe Sherlock Holmes Museumの続きです。

シャーロックホームズ博物館は、ベーカー街221B(ベーカーがい221B、221B Baker Street)にあります。

200px-Bakerstreet_london

イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズにおいて、主人公の私立諮問探偵シャーロック・ホームズが住んでいた下宿の住所です。

ホームズは1880年代初頭から引退する1903年まで、ハドスン夫人の経営するこの下宿で過ごしていました。

ホームズの友人で伝記作家のジョン・H・ワトスン医師が、独身時代に共同生活をしていた場所でもあります。
221Bの「B」はラテン語・フランス語のビス(第2の)に由来し、建物の増改築などによって同じ番地に2軒の住宅が建つことになった場合などに使われた記号で、この住所つまりホームズたちの下宿の場合は階上にあることを示していました。

1階のハドスン夫人の自宅はサフィックスのない唯の221だったと思われています。

訳者によりベイカー街221Bのほか、「B」を「b」や「乙」としたり、「221のB」ともする。

シャーロック・ホームズ博物館[編集]

シャーロック・ホームズ博物館は、市によって設置された、シャーロック・ホームズが住んでいたことを記念ました。

ブルー・プラークを買収し、5月にシャーロック・ホームズ博物館 (The Sherlock Holmes Museum) としてオープンさせまして。

このビル内に「空き家の冒険」で言及された17段の階段があることを理由に、博物館の場所こそが221Bであると主張しています。

 

ベーカー街!一度ホームズ好きの方もそうでない方も行ってみてください!

The Sherlock Holmes Museum

Leave a comment

シャーロックホームズ好きの人には欠かせないロンドンの観光スポットといえば、The Sherlock Holmes Museumがあります。

london2-640x480

今も世界中で愛される探偵小説、『シャーロック・ホームズ』シリーズ。コナン・ドイルによって書かれた物語の登場人物ホームズと助手のワトソンが住んでいる場所が「221B Baker Street」、現在シャーロック・ホームズ博物館がある場所です。

 

こちらの博物館に行くまでには駅にホームズの絵がたくさん描かれていたり、道の途中には銅像が建てられています。
博物館内には物書き机やベッド、暖炉などが展示してあり、ホームズとワトソンの生活の様子や雰囲気を感じることができ、シャーロック・ホームズファンの聖地とも言える場所です!

 

ホームズとワトソン博士が下宿していたベイカー・ストリート221bにある博物館。物語に忠実に、書斎や寝室が再現されており、ホームズの世界がリアルに体験できる。博物館の横にはギフトショップもある。観光シーズン中は長蛇の列となるので、朝一番に行くのがおすすめ。