Chester

Leave a comment

チェスターの見どころとしては、以下のような場所があります。

Chester Cathedral チェスター大聖堂

チェスター大聖堂は、重厚な建物が放つ圧倒的な存在感があります。
威風堂々たる佇まいで存在感を放つチェスター大聖堂です。

伝説によると2000年近くもの歴史を持つともいわれています。

今ある建物は、11世紀ごろにつくられたロマネスク様式の修道院が、幾度とない増改築を経て、複数の様式が混在するようになったものです。

左右、正面の壁を覆い尽くすステンドグラスの美しいです。

「Chester Cathed...」の画像検索結果「Chester Cathed...」の画像検索結果

The Rows ザ・ロウズ

ザ・ロウズは、中世の街並みに、スーパーや薬局などがたくさん乱立しています。

店舗が中世の街並みによく調和して、まるで異空間のような商店街です。

チューダー朝のハーフティンバー様式の建物の多くはヴィクトリア時代に再建されたものです。

ユニークなたてものです。ストリートに面した1階部分の店舗は全体的に少々地面に沈んだようになっています。

そして入口で数段の階段を下りると、半地下になっています。

13世紀ごろに造られた当時の姿そのままで残っています。

もともと1階部分は倉庫として使われていました。

2階部分は、往来に沿って、複数の建物を貫くアーケードが伸びています。

店舗の入り口はその奥に位置しています。は2階部分にストリートと別の通りがあります。

2層構造になっていているんです。雨にさらされることなく、ウインドー・ショッピングも可能です。

ストリートから2階部分に直接上がることができる階段があります。

「Chester The Ro...」の画像検索結果「Chester The Ro...」の画像検索結果

 

Chester

Leave a comment

チェスター (Chester) は、イギリス、イングランド北西部チェシャーの中心都市です。

ディー川沿い、ウェールズとの境にあります。

イギリス国内では最良の状態で現存する城郭都市としても知られています。

人口は約8万人ほどです。

都市としての始まりは、西暦79年にさかのぼります、

当時ブリテン島を支配していたローマ人がウェールズとの戦争に備えて基地を建設したとも言われています。

ロンドンからは列車で約2時間の距離にあります。、

私が滞在したマンチェスターやリヴァプールからも近く約1時間程度です。

チェスターは、その語源は「カストラ(castra)」、陣地や砦を意味するラテン語です。

西暦70年ごろローマ人がこの地に「ディーヴァ」と呼ばれる要塞を構えたことからその名が付けられました。

400年ごろローマ人が撤退したのちには、アングロ・サクソン人が移住しました。

デーン人(ヴァイキング)の侵入を防ぐために城壁を拡張し、要塞都市を形成したことにはじまります。

近郊のマンチェスターやリヴァプールから富裕層が流入。現在では美しい街並みと古の歴史が共存する街として、高い人気を誇っています。

Bridge Street, Chester.jpg