Cirencester

Leave a comment

サイレンスターの街のみどころとしては、Corinium Museum

があります。

Corinium Museumは、モザイクの写真が展示されていて、

光の加減でとても美しい展示が鑑賞できる博物館です。
館内は2階建てなので、モザイクは2階から眺めるときれいなんですよ。

そしてパズルなどもありこじんまりした博物館です。

 

Corinium Museumの写真

Corinium Museumの写真

 

そしてもう一つは、Cirencester Parish Church of St John Baptistです。

The Church of St. John the Baptist, Cirencester is a parish church in the Church of England in Cirencester.

 

The church is medieval.[1] It is renowned for its perpendicular porch, fan vaults and merchants’ tombs.

The chancel is the oldest part of the church. Construction started around 1115. It was widened in about 1180. The east window dates from around 1300. The original stained glass of the east window has long since disappeared and it is now filled with fifteenth century glass from other parts of the church.

To the north of the chancel is St. Catherine’s Chapel which dates from around 1150. It contains a wall painting of St. Christopher carrying the Christ Child, and vaulting given by Abbot John Hakebourne in 1508.

To the north of St. Catherine’s Chapel is the Lady Chapel, first built in 1240 and extended in the 15th century.

The Trinity Chapel dates from 1430–1460 and was endowed for a priest of the nearby Abbey to say masses for the souls of Kings and Queens. It contains a squint which enabled the priest to synchronise the celebration of mass with that at the high altar.[2]

The nave was completely rebuilt between 1515 and 1530 and is a remarkable example of late perpendicular gothic architecture.[3]

The tower is fifteenth century and remarkable for the large buttresses which shore it up at its junction with the nave.

The great south porch which adjoins the market place was built around 1500 at the expense of Alice Avening.

 

コッツウォルズ最大の町サイレンセスターにある教会です。

この地方で最大の教会です。

コッツウォルズの魅力は村にあります。

サイレンセスターはあまり見どころはないのですが、この教会の塔に登って周囲を見まわすことができます。

美しい丘陵地帯が眺められます。

教会の近くにはビジター・インフォメーション・センターがあり、この地方の情報を収集できます。

Cirencester Parish Church of St John Baptistの写真

 

 

Cirencester

Leave a comment

コッツウオルズの首都をご存知でしょうか?

サイレンセスター (Cirencester) は、イングランド・グロスタシャーのタウンです。

行政的にはコッツウォルドに属し、ディストリクト内で最大の町です。

ロンドンの西北西約150kmに位置しています。

コッツウォルズの首都は、活気あるマーケットタウンのサイレンスターです。

 

この広大で活気あるマーケットタウンにおいて週2回催される街頭市場は、

ここの生活風景に色取りを加えています。
起源は、ローマ時代の英国の地方首都の一つであった頃まで遡ります。町のコ

リニアム博物館はコリニアム・ドムノーラムとして知られたローマ時代のサイレンセ

スターの生活様式を復元して、当時の歴史を物語っています。

歴史的には、1539年のヘンリー8世による修道院解散令の一環としていました。

そしてすべての修道院、教会が破壊され、今日、町には、ノルマン時代のアーチとその

周辺のウォールの一部だけが残っています。
イングランド内戦時、1643年2月に王党派と議会派で争いとなり、300人以上が殺害

され、1200人が囚人として教会に拘束されたことでも有名です。

町民は議会派を支持したが、ジェントリーや牧師は国王派を支持していたという

歴史もあります。

 

Castle Street Cirencester.jpg