リッチモンド・パーク

Leave a comment

そしてリッチモンド公園(Richmond Park)はロンドンにある2,360エーカー(9.55km2)の広大な公園施設があります。

Richmond Park.jpg

なんとニューヨークのセントラル・パークの約3倍の広さなんです。

ロンドンにある王立公園 (en) としては最大、イギリス全体でも壁で囲まれた都市公園です。

バーミンガムのサットン公園に次ぐ広さである。リッチモンド、ハム、キングストン・アポン・テムズ、

ウィンブルドン、ローハンプトン、イーストシーンといった街に囲まれています。

イザベラ・プランテーションは、リッチモンド公園の中でも重要かつ魅力的な森林です。

そしてヘンリー8世の小山からセント・ポール大聖堂が見渡せる眺めは保護対象となっています。

ペンブローク・ロッジは付随する建物や庭園と共に公園内にあります。

元々は初代ラッセル伯ジョン・ラッセルの邸だったが、現在はレストランになっていました。
ホワイト・ロッジはジョージ1世の狩猟用のロッジだったが、ロイヤル・バレエ団付属の学校

(ロイヤル・バレエ学校)としてかなり以前から使われています。
ゲートハウスを除くと、他に4棟の建物が公園内にある。Thatched House Lodge、Holly Lodge、Whit

 

e Ash Lodge、Oak Lodge である。かつて Bog Lodge と呼ばれていた Holly Lodge には、ビジターセンタ

ー(予約のみ)、公園管理事務所、ロンドン警察王立公園警備部門の基地があります。

 

 

リッチモンド・パーク

Leave a comment

イギリスのリッチモンド・パークをご存知でしょうか?

 

ロンドンと言えば、古い街の景観や美しい建築物が思い浮かびますね。

でもこのロンドン市内にはたくさん公園があります。

 

たとえば、リージェンツ・パーク、セント・ジェームス・パーク、ハムステッド・ヒース、ホーランド・パークなどです。

とても美しく広大な公園がたくさんあるんですよ。

特にオススメなのがリッチモンド・パークです。

まるでニューヨークのセントラル・パークの約3倍の広さを誇り、地元の人々もよく訪れています。
元々この公園は、1637年にイングランド王であったエドワード1世の狩猟場として使用されていていました。

今日でもアカシカやダマジカなど、600頭を超える鹿が生息しているんです。

特に外でも過ごしやすい夏などがとくに良くて、地元の人だけでなく郊外からも多くの人が訪れます。

 

散歩やピクニック、ドライブなどを楽しんでいます。