ニュー・フォレスト

Leave a comment

そしてニューフォレストにあるイングランドの南海岸に位置するニューフォレスト国立公園には、

イギリスで最も小さな国立公園があります。

面積は218平方マイルで約565平方kmです。

とてもと小さいですが、古代森林、 ヒースの群生、ブルーベルの咲くトレイル、絵のように美

しい村がぎっしり詰まった魅力的な公園です。

1,000年近く前、ウィリアム征服王はニューフォレストを野生のシカやイノシシの猟場として利用されていました

現在は約4,000頭のポニー、家畜、シカがすんでいます。

古代森林の中を自由に歩き回っています。

ニューフォレストを散策すれば、野生動物を見る機会はたっぷりあります。

New Forest

野生動物をもっと間近で見たい方は、ニューフォレスト爬虫類センター(New Forest Reptile Centre)を訪れて、

シカウォッチングができます。

歴史豊かなこの公園には選びきれないほど多くの観光名所があり、歴史的邸宅、博物館、庭園を日替わりで訪れる

ことも可能です。

ビューリーの町には、13世紀のビューリー修道院(Beaulieu Abbey)、ビューリー宮殿と庭園(Beaulieu Palace

House and Gardens)、国立自動車博物館があり、誰もが楽しめるものがあります。

ニューフォレスト国立公園は、アクティビティが大好きな方にとっても天国です。徒歩で、または自転車や馬に乗って森を散策したり、水辺でカヌー、カヤック、ヨットをお楽しみください。それでもまだ物足りないという方は、ゴルフを1ラウンドあるいは2ラウンドプレーしたり、26マイル(約42km)に渡る静かな手つかずの海岸線を散策してみてはいかがでしょうか。

ニュー・フォレスト

Leave a comment

イギリスのニューフォレストは、イングランドの地域のひとつのハンプシャーにあります。

1079年、ノルマン朝の始祖であるウィリアム1世が、鹿狩りなどを行う狩猟地として設けられました。

ドゥームズデー・ブックにも、「Nova Foresta」として記載が残されていることでも知られています。

1100年、この地で狩猟を行っていたウィリアム2世は、矢に当たって不慮の死をとげた地域としても有名です。
現在に至るまで自然が残されており、2005年に国立公園に指定された。