ワイト島

Leave a comment

前記事より続き

先回につづいてワイト島についてです。

Enjoy the views from the Needles Old Battery Parade Ground © National Trust

そして、このワイト島は、穏やかで静けさに満ちた、自然の美しさを満喫す

るには最適な場所として人気の観光スポットになっています。

特に、ワイト島音楽祭が開催される夏場がそのシーズンとなります。

世界中からの旅行者が押し寄せる夏場は別です。

Guns on the Parade Ground © David Watson

1970 年、この祭りは世界最大のロック音楽イベントとして名を馳せました。

英国のウッドストックと呼ばれ、ジミ・ヘンドリクスやザ フーなどのミュージシャン

が出演しました (開催期間中は、静けさも穏やかさもありません)。

ワイト島は、セーリングや美しいリゾート地としても世界的に有名で、ビクトリア王朝時代

から人気を博しています。

一番のおすすめは、ザ ニードルズ パークです。

Enjoy the spectacular views from the tea room © National Trust

ワイト島の西海岸から突き出たこの3つの白亜ののこぎり状の岩は、

かつては島の岬を構成していましたが、時の経過とともに浸食が進み海岸部から分離

しました。

The Needles lighthouse © Justin Aylward

 

ニードルズは、英国を侵入者から守るためにヴィクトリア時代に設けられた要塞で

あるニードルズ砲台跡 ( Needles Old Battery :ナショナルトラスト

が管理) から最もきれいに見ることができます。快晴の日なら、光輝く白い石と

青く泡立つ海、そして果てしなく広がる空の素晴らしいコントラストを楽しむことができます。

 

 

 

Enjoy history brought to life cartoon-style © David Watson

 

 

 

また街並みは静かでのんびりとしているので、ゆったりすごすのにもお勧めの島です。

 

 

ワイト島

Leave a comment

イギリスのワイト島をご存知でしょうか。

このワイト島は、イギリスのイングランドの島であり、島全体で1州をなしています。

本土(グレートブリテン島)から狭い海峡を挟んだ南方に位置し、対岸はハンプシャ

ー州にあります。

こーんな南の端にあります。

 

EnglandIsleWight.png

ワイト島はヴィクトリア朝にリゾート地として大衆化した場所で、自然が美しく、

毎年世界でもなレガッタが行われるカウズの王立ヨット隊の本拠地として知ら

れていています。

ここは住民が普段「島」と呼んでいます。

15世紀に一時イングランドに支配されたことや詩人アルフレッド・テニスンの自

宅やヴィクトリア女王が好んだ避暑地でありました。

女王が晩年を過ごしたオズボーン・ハウスなど豊富な歴史もあるといわれ

ています。

海運では飛行艇や世界最初のホーヴァークラフトが作られるなどの産業がある。

1970年には前年のウッドストックを上回る約60万人が集まった過去最大のロック

音楽祭のひとつワイト島祭の拠点になりました。

ワイト島はほぼ菱形をしていて、面積は147平方マイル(381平方km)であります。

主に島の西側に当たる島の約半分は、ワイト島特定自然保護区に指定されている。

度々「イングランドの縮小版」として引き合いに出されるほどに島の景観は変化に

富んでいます。

西部地区は田園地帯が中心で、恐らく風景画として島では最適な場所であり、島

の全域をニードルズまで走る有名な白亜質の草丘分水嶺が聳える急峻な海岸

線があります。

島の最高地点は、イギリスでマリリンと呼ばれる種類の山でもあるセントボニフェー

スダウン(241m/791ft)もあります。

残りの場所も変化に富んでいて、緩やかな崖と岩棚のある恐らく野生

生物にはとにかく重要な一番有名な生息地があり、国際的な保護区

域もあります。

ヤー川が島の東端のベンブリッジ港を形成する北東に緩やかに流

れる一方で、メディナ川が北のソレ

ント海峡に流れ込んでいる。紛らわしいことに西に流れる川もヤー

川と呼んでいて、フレッシュウォーター湾か

らヤーマスの比較的広い河口までの短い距離を流れています。

それぞれを区別する必要があるときは、川の名前に「東」や「西」を

付けている。島の南部は、イギリス海峡に面しています。

 

 

 

言葉は、ワイト島の特徴あるアクセントは、伝統的なハンプシャー方

言を幾分強めに発音するもので、子音が

脱落し母音が強調される点に特色があるとも言われ、地方言語を話す人

達としても知られています。

次記事へ続く