素敵なめぐり合い

Leave a comment

さて、日本では通学は満員電車にパックされた電車、あるいは通勤渋滞などのマイカー通勤などさまざまです。

私は、こちらに来てからはもっぱら徒歩通勤になり、行き帰り30分という多少長めなのですが、毎日ウォーキングがわりに楽しんでいます。

そんな通学の友に、最近は音楽も飽きてきて、少し本を読む習慣ができてしまいました。田舎道なのでできることなので、人通りの多い街中では

ぜったい無理なことですが。

先日も、新刊のPerfectという、5秒間時計のはりを進めたことによって巻き起こる不思議なストーリーの小説を読んでおりました。

そうしましたら、うしろから老婦人が近づいてきて、危ないのでふとよけたところ、老婦人が私の本を覗き込みました。

”De you like it? I also read it. It’s quite good. And you you like that sort of story, you may like “French gardener”! ”

(そのお話は好きですか?私も読んだんですよ。それは良かったですよね。もしそれが好きなら、きっと”フレンチガーデナー(スランスの庭師)も好きなはずです)

と言われました。

私もうれしくなり、”Yes,I like it. I should like that! What kind of story is it?” ええ!私は、このお話好きなのでたぶんその本も好きですね。

そして、”I walk here everyday to work so I will tell you after reading it!” まいにち通勤でこの道を歩いているので、読んだら(感想を)言いますね!

といって、別れました。

さて、早速調べたところ、とても素敵なラブストリーのようです。これから読むのが楽しみです。

長いウォーキングの通学も素敵な老婦人&良い本とのめぐり合いで素敵な時間です☆

 

2704

 

 

http://www.santamontefiore.co.uk/books/the-french-gardener.php

イギリスの政治政党は

Leave a comment

イギリスの政治政党のお話です。選挙権がないだけに、それほど強い関心がないのが実際なのですが、それでも政治政党は政策決定に影響しているので生活者としては一応チェックしています。

イギリスの政治政党は、基本的に庶民院、貴族院があり日本の衆議院、参議院ののような位置づけです。主な政党は労働党、保守党が2大政党です。労働党は、会民主主義系で現在はエドミリバン党首です。労働者の生活向上などを掲げた政策主体で、労働者階級や広く支持層をもっているようです。ブレア首相の第3の道の路線です。次に、保守党はキャメロン首相とする、中道右派の政党です。サッチャー首相以降は、この2党が政権交代をくりかえしています。それ以外には、自由民主党があります。ニッククレッグ党首とする中道左派の社会自由主義系の政党で、下層者層に支持者が多いリベラル志向の政党です。この3党でほとんどの議員はしめられています。最近はイギリス独立党、UKIP(ユーキップの愛称)などEUの移民に唯一反対姿勢の政党(議員は無し)や緑の党などいろいろ諸派わかれて乱立していますが、基本的には日本の自民党と民主党のようなイメージだと思います。

エドミリバン党首は、44歳という若さで、ユダヤ系の家系出身の労働者階級出身としても知らせており、オックスフォード出身の若手実力派です。

 

2504