ダービー

images (2)
Leave a comment

1642-1646年のイングランド内戦の間のダービーは、1643年にダービーの統治者に任命されたジョン・ゲルの指揮する議会軍が駐屯していました。
この軍は近くのノッティンガム防衛戦、リッチフィールド攻城戦、ホプトン・ヒースの戦い、その他ノッティンガムシャー、スタッフォードシャー、チェシャーでの多くの戦闘に参加し、ダービーシャーを国王軍から守ることにも成功しました。

Image result for ダービー イギリス

カシドラル・グリーンにある“愛しのチャールズ王子”像があります。
百年後の1745年、「愛しのチャールズ王子」ことチャールズ・エドワード・ステュアートはジャコバイトの支持を得てイギリス王位継承権を主張しました。

Image result for ダービー イギリス
そしてスコットランドで蜂起した。
南下したチャールズの軍勢は12月11日ダービーに達し、ロンドンはパニックに陥りました。
チャールズはデヴォンシャー公が本営を構えていたアイロンゲートのジョージ・インに立ち寄り、自らの兵士 9 千人の宿舎を要求しました。

Image result for ダービー イギリス

チャールズはエクセター・ストリートのエクセター・ハウス(英語版)に宿泊し、そこで作戦会議を開きました。この時点で既に補給は途切れました。またイングランドでの同調者は殆ど無く、フランスとの連携も充分ではありませんでした。チャールズは軍を進めるつもりでいたが、部下の将校たちは反対した。彼はダービーの南ほんの 2-3 マイルにあるトレント川のスワークストーン橋で進軍を断念しました。
彼は自らの流儀の証しとして、スコットランドからの行軍では縦隊の先頭に立って歩いていたが、今度は薄汚れ疲れきった兵士たちの末尾を馬に乗って帰途につきました。

ダービー

images
Leave a comment

ダービーは、イングランド中部ダービーシャーの行政中心地となっている工業都市です。

ペニン山脈南端とミッドランド低地北縁に位置しています。

ダーウェント川の西岸にあります。1977年よりシ市となり、1997年より単一自治体となりました。

単一自治体としての人口は2009年時点で 244,100 人です。

主な産業として、航空エンジン(ロールス・ロイス)、自動車(トヨタ)、磁器(ロイヤルクラウンダービー)、鉄道車両(ボンバルディア)、合成繊維などがあります。

 

Image result for ダービー イギリス

ダーウェント川に沿うこの地は、古くから交通の要衝とされてきました。

ローマン・ブリテン時代には現在の町の北東にローマ軍の砦が築かれました。

七王国時代には既に町の前身が知られています。

9世紀のデーンロウ時代には五市地方のひとつとなりました。

現在の町の起源はノルマン時代の市場町でした。

18世紀初頭にイギリス初の機械式生糸工場がここに建てられました。

これが工業化の端緒となりました。

産業革命以降は鉄道交通の結節点として発展しました。

近代初期には毛織物、ビールです。

19世紀には紡績、印刷、陶磁器、20世紀には航空エンジン、発動機、鉄道車両の生産で知られています。

哲学者ハーバート・スペンサー、画家ジョセフ・ライトらの生地である[3][4]。

ダービーないしダービシャーと、競馬のクラシック競走「ダービー」を創設したスタンリー家(ダービー卿)との間に、関連性はないとする説[8]とあるとする説[9]の両方がある。

 

Image result for ダービー イギリス