スウィンドン

images (2)
Leave a comment

スウィンドン(Swindon)は、イングランド、ウィルトシャーの北東に位置し、ロンドンから西に鉄道または高速道路M4を使って車で約1時間ほどの位置にあります。

人口約は、18万人(2001年統計)の工業タウンです。

行政的には、バラ・オブ・スウィンドンに属しています。

市内を横切るグレート・ウェスタン鉄道を中心に栄えています。

世界大戦中には現在ホンダの工場がある場所にあった飛行場が活躍した。Honda of The UK MFG LTDがあり2005年まで日本でも売られていたシビックType Rが作られていました。

「スウィンドン」の画像検索結果

他にモトローラの工場もあり、以前はローバーの工場があったが、今は撤退しています。

また現地では世界にも数箇所しかない、ラウンドアバウト(ロータリー交差点の一種)が6つ連なってできたマジック・ラウンドアバウトがあることで有名です。

「スウィンドン」の画像検索結果

1990年代にモンデックス電子マネーの大々的な実証実験が行われた地域であることでも知られています。「スウィンドン」の画像検索結果

ホンダの工場があるため、日本人も数百人住んでおり、スタントンハウスホテルという昔の領事館を改造して作られたホテルで日本食を食べたり買ったりもできます。

「スウィンドン」の画像検索結果

街の中心街から徒歩10分ぐらいの所に昔の列車の車庫を改造した欧州最大規模(2006年現在)のアウトレットモールがあり、近年観光客を呼び寄せるために駅周辺を再開発する動きが見られています。中心街を中心としたデザイナーズマンションの建設、郊外の住宅地の開発や国立病院の立替などが行われており、今後人口増加が予想される。ちなみに写真に写っているビルは、1995年頃に立てられた州内で一番高い建物であり、下はデパートなどが入るショッピングモールになっており、上層階はオフィスと住居になっています。

スウォンジー

images (1)
Leave a comment

ウォンジー(英語: Swansea, ウェールズ語: Abertawe(アベルタウエ))は、イギリス、ウェールズ南部の都市です。人口は226,400人(2005年)で、ウェールズではカーディフに次ぐ人口第2位の都市となっています。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジとも表記されます。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジーは18世紀初頭から、銅産業を主とする鉱山冶金業の中心地として栄えました。スウォンジーの産業は1880年代に頂点を極めた。第二次世界大戦終結までに重工業は衰退の一途をたどりました。

「スウィンドン」の画像検索結果

戦後数十年の間、スウォンジーも他都市と同様、工業依存からの脱却と第三次産業へのシフトが見られました。

美しいビーチ、美しい環境、美しいエリアがあります。

 

スウォンジー湾を見下ろすシングルトンパークにスウォンジー大学のキャンパスがあります。

スウォンジー大学の工学部は、工学設計問題を解決する計算手法に関する先駆的な研究を行う研究拠点とみなされています。

物理学部は、理論物理学とりわけ素粒子物理学と紐理論の分野での先駆的な研究成果で名高い大学です。