スウォンジー

images (1)
Leave a comment

ウォンジー(英語: Swansea, ウェールズ語: Abertawe(アベルタウエ))は、イギリス、ウェールズ南部の都市です。人口は226,400人(2005年)で、ウェールズではカーディフに次ぐ人口第2位の都市となっています。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジとも表記されます。

「スウィンドン」の画像検索結果

スウォンジーは18世紀初頭から、銅産業を主とする鉱山冶金業の中心地として栄えました。スウォンジーの産業は1880年代に頂点を極めた。第二次世界大戦終結までに重工業は衰退の一途をたどりました。

「スウィンドン」の画像検索結果

戦後数十年の間、スウォンジーも他都市と同様、工業依存からの脱却と第三次産業へのシフトが見られました。

美しいビーチ、美しい環境、美しいエリアがあります。

 

スウォンジー湾を見下ろすシングルトンパークにスウォンジー大学のキャンパスがあります。

スウォンジー大学の工学部は、工学設計問題を解決する計算手法に関する先駆的な研究を行う研究拠点とみなされています。

物理学部は、理論物理学とりわけ素粒子物理学と紐理論の分野での先駆的な研究成果で名高い大学です。

ウォルソール

ダウンロード
Leave a comment

ウォルソールは、20世紀には大きく発展しました。

ウォルソールで最初の映画館が1908年に開業されたことでも知られています。しかし、第二次世界大戦後にテレビが普及すると、経営が振るわなくなり、ほとんどが閉館を余儀なくされました。ニュー・ピクチャー・ハウスという映画館もありましたが、イギリスで初めてワーリッツァー社のピアノを取り入れました。

Image result for ウォルソール  都市

スラム街は、19世紀には市街地を取り囲むように数千軒が存在しました。

しかし第一次世界大戦後に撤去され、1920年代から1930年代にかけて、跡地では建設ラッシュが続きました。

この開発は特に、北部のコール・ポール、ブレイクノール・ヒース(1920年に初代議事堂が建設された)、ゴスコート、ハーデンがあります。それに第二次世界大戦後のビーチデールに集中していました。

市街地に近い地域で、大規模な開発が行われました。。

とりわけ1960年代には、各地で高層ビルが建設されたが、その多くは2010年までに取り壊されている。

1952年には、二度の世界大戦で亡くなった戦死者のための記念庭園がオープンした。大手小売チェーンが数多く入居する近代的なショッピング・コンプレックス、オールド・スクエア・ショッピング・センターは1969年に開業した。同じくショッピング・モールのサドラーズ・センターは1980年の開業で、近年、新たに改装された。

Image result for ウォルソール  都市

1984年には、この地に生まれた作家(1859年 – 1927年)を記念したジェローム・K・ジェローム博物館が開館した。

1988年には町の皮革産業が評価され、アン王女によってウォルソール皮革博物館が設立されました。

1970年代、ウォルソールでは中世の地所を取り壊して、新しい市街地が造成されました。

1974年にスタッフォードシャー州が廃止されると、ウォルソールはウェスト・ミッドランズに移管されました。

近年はさらなる都市再開発が進行中で、多くのブラウンフィールドが近代的な住宅地や商業地になっています。

セント・マシューズ地区も、建設ラッシュに沸いています。

Image result for ウォルソール  都市

ブランドショップや近代的なマンションからなる再開発事業は、2007年のアズダの新装開店をもって完了しました。

市街地に移転したウォルソール・コレッジの跡地には、テスコが930平方メートルのショッピングセンターをオープンしました。