キングストン・アポン・ハル

ダウンロード (2)
Leave a comment

キングストン・アポン・ハルは、イギリス・イングランド東海岸に位置する街です。イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー州にあり、単一自治体です。街を起こした寺院から権利を取得したエドワード1世が1299年にKing’s town upon Hullと命名しました。

街を流れるハル川がハンバー入り江にかかった所に、完成当時世界一の長さを誇った吊り橋ハンバー橋があります。

観光の見どころとしては、Streetlife Museum of Transport (交通歴史博物館)があります。

駅から徒歩で15分ほどかかりますが、見ごたえのある施設です。
基本は交通の博物館なのですが、昔の薬屋さんの店舗が再現されていたり、アンチークなバイクや自転車、果てはアーケードゲーム機まで展示されています。

Arctic Corsairは、北極圏内 corsair ても訪れてみる価値あります。


ダウンロード (1)遠くのみウォーターサイドウィンダー ” トロール船ハルから出航した船です。

船はハイストリート、小さな博物館セクションにある交通博物館は、漁業や北極 corsair 表示の写真と記念品がたくさんあります。

初歩的ビデオも上映されていて、船にのることもできます。

ダウンロード

East Parkは、美しいビクトリア公園です。この公園はかわいくって、低木がいい感じに敷かれた岩石庭園になっています。

公園の中心にある豪華なカフェでは、種類が豊富な料理を非常にリーズナブルな価格で楽しめます。。

それほど広くはありませんが、島ですることはたくさんあります。

たしかボートの湖おあります。

ウルヴァーハンプトン

500px-Wolverhampton
Leave a comment

ウルヴァーハンプトンは、イギリスのイングランド中部ウェスト・ミッドランズ州の都市です。

歴史的にはスタッフォードシャーの一部であったが、1974年よりウェスト・ミッドランズの一部となりました。

名は985年に街を設立した”Lady Wulfrum”にちなんでいるといわれます。

Image result for ウルヴァーハンプトン

当初は羊毛貿易の拠点としての市場都市として発展しましたが、産業革命時代およびその後、鉱山(石炭、石灰石、鉄鉱石)や、鉄鋼、漆、バイク、車などの産業の中心地となりました。

Wightwick Manor and Gardensは、ウォルバーハンプトン駅からバスで15分、徒歩20分くらいです。チケット売り場はメインの建物でなく、だいぶ離れた駐車場の近くにあります。
インクで財を成したマンダー家の邸宅でウィリアム・モリスのアーツアンドクラフツの世界を十分堪能できます。ラファエル前派の絵画も邸宅中に飾られ、すばらしい雰囲気です。
広大なお庭には花が咲き乱れ、ハーフティンバーの邸宅はまさに絵になる景観があります。
カフェでのランチもおいしく、1日中楽しめる場所です。

Image result for ウルヴァーハンプトン

それ以外では、David Austin Rosesがあります。

沢山の品種のバラを楽しめる最高の場所です。なかなかこの規模でこのような美しいガーデンを見ることは出来ないと思います。 まるでおとぎの国に迷い込んだかのようです。