ジャージー島

Leave a comment

ジャージー島 は、ジャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey) は、イギリス海峡のチャンネル諸島です。

ジャージー島のほかマンキエ諸島 (the Minquiers) やエクレウ諸島 (the Ecrehous) などにより構成されるイギリス王室属領 (英語: Crown dependencies) である。主都はセント・ヘリアです。

「ジャージー島」の画像検索結果

イギリス国王をその君主とするが、イギリスの国内法上は連合王国 (United Kingdom) には含まれないイギリス王室属領として位置づけられています。

「ジャージー島」の画像検索結果

そのため、イギリスがその外交及び国防に関して責任を負うものの、内政に関し

イギリス本島の約100マイル南に位置するジャージー島は、チャンネル諸島のうち最も大きく、イギリス諸島の最南端です。

実は、ジャージー島はイギリスよりもフランスにかなり近く、その海岸からたった14マイルのところにあります。わずか9マイル×5マイルで、陸と海のいいところを詰め込んだコンパクトな探検スポットとなっています。

「ジャージー島」の画像検索結果

晩夏光に包まれた藤が外壁を覆うコテージや伝統的な花崗岩のファームハウスを通ると、ジャージー島はゆっくりとその姿をあらわします。

隠れたビーチ、青々とした谷、静かな道、ごつごつした海岸線を、すべてイギリスで最も暖かい気候の中、探索することができます。

 

デボン

Leave a comment

デヴォン (Devon) は、イングランド南西部の地域です。

デヴォン州 (county of Devon, Devon county) とも呼ばれています。

「デボン イギリス」の画像検索結果

コーンウォール半島の中部に位置しています。

西にコーンウォール、東にドーセットとサマセットにそれぞれ接しています。

「デボン イギリス」の画像検索結果

でヴォンシャー (Devonshire) と呼ばれていました。

現在ではいくつかの名称とデヴォンシャー公爵の称号に残っているのみです。

地名の “Devon” は、西暦50年ごろに南ブリテンに侵入したローマ人によって、その地に住んでいたケルト人を指してつけられました。

Dumnoniiという名前がつけられ、意味は「深い谷に住むもの」という意味があります。

「デボン イギリス」の画像検索結果

4億0800万年前から3億6300万年前を指す地質時代は、デボンに地層が良く分布し、世界で初めてこの時代の地層が研究された事から、この地域にちなんでデボン紀と呼ばれています。

「デボン イギリス」の画像検索結果

サーフィンやセーリング、海釣りなど、思いつく限りのウォータースポーツがほぼ楽しめます。濡れるのを避けたい方には、エクスムーアでの大掛かりなハイキングや海沿いの道からの感動的な眺めもお勧めです。サイクリングや登山、乗馬を楽しめるスポットやゴルフ場にも行ってみましょう。

「デボン イギリス」の画像検索結果

デボンでは音楽やアート、文学祭からさまざまな伝統の祝祭(風変わりなものからすばらしいもの)が、一年中楽しめます。6月にはクロイドでゴールドコースト・オーシャン・フェスティバルが、9月にはこの「イギリスのリビエラ」でアガサ・クリスティ・フェスティバルが、11月にはオタリー・セント・メアリーで燃えさかるタールの樽を担ぐ「タール・バレル」が開催されます。