ダドリー

Leave a comment

ダドリーには、ダッドリー城があります。ダドリー城は、13世紀の遺跡は街を見渡し、グレード1のリストになっています。

 

ダドリー動物園は城の敷地内に建てられており、絶滅の危機に瀕している種が多数集まっています。

世界最大規模のテクトンの建物もあります。[

Dudley動物園の提案の下、動物園を再生し、熱帯性のドーム、アジア森林、2つの水生施設、ウォークスルーの鳥類が再開発されています。

ダドリー運河には多くの運河があります。その大部分はダドリー運河ですが、そのほとんどはダドリートンネルの町の下を通り抜け、曳航路がないためボートでのみアクセスできます。

運河の開放部分は、歩行者、サイクリスト、漁師、ナボボボのユーザーに人気があります。[45]運河の多くはサイクリング用にアップグレードされており、一部のセクションはナショナルサイクルネットワークの一部です。
ダッドリー修道院の遺跡があります。

この遺跡は、イヴ・ヒルのセント・ジェームズ教会は19世紀半ばから教会学校を持っていましたが、これは1970年代に閉鎖され、1989年にブラック・カントリー・ミュージシャンに移管されるまで数年間コミュニティ・センターとして使用されました。新しい医療センターで作業が始まった2008年まで未開発のままでした。

Dudleyとその周辺地区には11の予定された古代記念碑があります。

ダドリー

Leave a comment

ダドリーは、イギリスの西中央部ある年です。

行政的にはメトロポリタン・バラ・オブ・ダドリー内にあり、同バラの主要エリアを占めています。

バーミンガムの北西に10.5マイル(16.9キロメートル)のイングランド西部の中部の大都市です。

町はDudleyのメトロポリタン・ボロウの行政中心です。

2011年には79,379人の人口を有していました。

Image result for Dudley

もともとは市場の町だったDudleyは産業革命の誕生地のひとつでした。

19世紀に鉄、石炭、石灰石産業が衰退し、商業センターが近くのメリーヒルショッピングに移転する産業センターに成長しました。

Image result for Dudley

1980年代の中心。ダッドレー動物園と城、12世紀の修道院跡、ブラックカントリーリビングミュージアムなどの観光スポットがあります。

ブラックカントリーリビングミュージアムは、オープンエア・ミュージアムで、広大な敷地に、19世紀から20世紀初めの村を作り、当時のこの地区の人々の暮らしを再現しています。

Image result for ブラック・カントリー・リビング・ミュージアム

ビクトリア朝の衣装をまとったキャラクターと呼ばれる方々が、当時の一般庶民の生活や文化についておもしろおかしく、かつ丁寧に説明してくれます。

ミュージアム内にある、フライド・フィッシュ・ショップでは、牛脂を使った伝統的な調理法で揚げたフィッシュアンドチップスを食べることができます。